リンパや血液・脳脊髄液の流れを整えながら、内臓機能や骨格までしっかり整えます。
全身を整えることで、腰・膝などの痛みや肩こりなどのつらい症状を改善しながら、症状の出にくい身体作りを行っていきます。

☆約70~80分 8,000円
 乳幼児   3,500円
 小学生   5,000円
 中・高校生 7,000円
 妊婦    7,000円
2021年4月より消費税を加算させていただきます。

勝田式骨格調整による全身調整とは

勝田式骨格調整とは、治療家になるために修業した三輪宰氏による『特殊療術治療』と、松本岐子氏による『キー子スタイル(長野式鍼灸治療)」がベースにできています。

そして、解剖学や東洋医学を教える傍ら人体解剖実習の指導をすることで、実際の肉体は解剖学や生理学のように分けることもできず、病院の診療科目のように分けることもできないことを学び、筋肉の繋がり、内臓と筋肉の位置関係、血液の流れを改善する、という基本的なことが正常に近づくことで、健康な状態になるということに気付きました。

つまり、解剖学的に正しい姿勢や筋肉の状態に肉体を導くと、身体は自然と正しい生理学的な健康な状態になるのです。

そして、一度動きの悪くなった筋肉は動かしにくくなると、自分の脳が勝手に動かないものと判断して使わなくなってしまいます。
自分では正しく筋肉を使っているつもりでも、実際には使えていないのです。
その使えていない筋肉が硬くなり痛みや不調を引き起こす原因になります。

この使えていない筋肉を正しく使えるように緩めることと同時に、深部の筋肉(インナーマッスル)の繋がりと骨格全体のバランスを改善させるのが勝田式骨格調整の全身調整になります。

全身のバランスを整えて、深部の筋肉や内臓の働きも改善させていくことで、本当の悪いところ、原因がはっきりしてきます。
その上で、正しい筋肉をつけるための運動指導も行っていきます。

一般的なマッサージや整体とは違い、深部から整えていくことで、長年の悩みを改善させることができています。
ただ、一般的なマッサージや整体を長年受けている方は、筋肉が硬くてどうしても緩むことに時間がかかりやすい傾向があります。
勝田式骨格調整は緩ませたあと戻りにくいことも特徴です。

施術の流れはこちら

全身調整で使うモノ

基本的に全て手技で行います。
道具として使用するのは、音叉とチェリーピローです。

音叉

カーム治療室では、音叉を鍼の代わりに使用しています。音叉は鍼と違い痛みもなく、服の上から使用でき、筋肉を効率よく緩めることができます。

その音叉と緩めるツボを組み合わせることで驚くほどの効果を出すことができます。

<ツボと音叉の講座も開催予定>

チェリーピロー

冷えている方限定で使用するのはチェリーピロー。

一般的に使用されるカイロやホットパックは、表在熱といって身体の表面だけを温めます。表面を温めるので汗をかいて体を逆に冷やしてしまいます。

このベルギー産のチェリーピローは深部熱なので、しっかりと身体の深部を温めます。

体の深部を効果的に温める仙骨に乗せて使用しています。

アマゾンなどでも購入できますので、冷え性の方はご自宅でも使用してみてください。
オススメのサイズはクラシックです。
https://amzn.to/3dvBFMP

施術の詳細

対応できる症状

急性・慢性関わらず、赤ちゃんからお年寄りまでどなたでもお受けいただけます。

<赤ちゃんの症状>
股関節の開排制限、夜泣き、便秘な

<子供の症状>
頭痛、肩こり、猫背、腰痛、内臓痛(胃痛、腹痛)、成長痛(膝の痛み、かかとの痛みなど)、便秘、転びやすい、姿勢が悪い、内また、O脚、疲れやすい、スポーツのためのコンディショニングなど

<成人の症状>
ギックリ腰、慢性的な痛み・疲労、自律神経失調症、腰痛、座骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、膝の痛み(変形性膝関節症)、股関節痛、頚肩の痛み・こり、五十肩、頸椎症、交通事故後の不調(むち打ち、打撲など)、過去の怪我による不調(肉離れ、靭帯断裂、骨折など)、術後ケア(乳がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫、股関節置換術など)、胃痛、糖尿病、便秘改善、側湾症、不妊、産前・産後のケア、姿勢改善(猫背、反り腰、O脚など)、パフォーマンスアップのため、など

施術の頻度

痛みの強い時は1週間に1回、痛みが取れてきたら2週間・3週間に1回と徐々に間隔を開けていきます。
体がゆるむことで筋肉が動き始めるので、間隔を開けた方が治療効果も上がります。

調子が良くなったら、月1回、数ヶ月に1回というペースでメンテナンスで通われる方が多いです。

施術のご感想

全身調整の感想はこちらをお読みください。

症例のご案内

〜 準備中 〜